News ニュース

2021.03.08

【地域情報】神保町は日本経済の父、渋沢栄一ゆかりの地

現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」は日本経済の父、渋沢栄一の物語です。世界的にも認知度が高い日本の企業のうち、渋沢栄一が創立に携わった企業は少なくありません。何気なく利用する鉄道、銀行や、口にする機会の多いあの食品、あの飲料を生産する企業も!約500もの企業に関わった、まさに日本を大きく成長させた経済の父、2024年に刷新する一万円札の紙幣にふさわしい人物ですね。

なぜ改めてサクレン神保町が「渋沢栄一」の紹介をするのでしょうか?それは渋沢栄一が神保町にゆかりのある人物だからなのです。当時住んでいたとされるのは神保町1丁目7番地のあたりと言われています。現在のように交通手段がなかったため、役所勤めをするには庁舎の近くに居住する必要があった、からなのだとか。

様々な書籍に囲まれて、どんな思想を巡らせていたのでしょうか。今も古書店が多く並び、当時の趣を色濃く残す場所で、現代を生きる私たちがこの場所で考えを巡らせるのも、この地ならではの過ごし方かもしれないですね。

都内に複数ある渋沢栄一像のうち一つは大手町、日本橋川沿いにある常盤橋公園にあります。自分が手掛けた企業も多いこのエリアで、静かに世の中の動きを見守っているようにも見えます。

神田周辺は近代史でも重要な人物や、建築物も実は多くあるような場所。少し掘り下げて歩いてみるともっと楽しくなるかもしれません。

News一覧へ

Reservation 空室検索

ご宿泊日

/ /
大人: 小人: (小学生以上) 小人: (小学生未満)

TOP