News ニュース

2021.04.21

【地域情報】神保町は隠れたチャイナタウン

随分と暖かくなり、初夏を思わせるような日も増えてきました。今年はおうち時間がより豊かなものとなるように、デリバリーの利用など少しずつ工夫をしながら過ごしたいですね。

ホテル周辺のエリアは個性豊かな飲食店が沢山あり、ご宿泊いただいたお客様にも想像していたよりもグルメタウン!と、ご好評いただく立地にあります。カレーや老舗喫茶の地としては既に知られている神保町ですが、実は”中華”の名店も多くあることをご存知でしょうか?

「日本の中華街」と聞いて多くの方がイメージをするのは、おそらく横浜や長崎ですね。横浜中華街の中国人の人口は約6千人と言われていますが、かつて神保町エリアには約1万人の中国人留学生が暮らす大きなチャイナタウンだった時期があります。

母国を離れた人達にとって食事は故郷を思い出す特別なもの。これだけの規模だったこともあり、中華料理店が多く出店しました。日本に留学していた周恩来や孫文が足繫く通ったお店として知られる「漢陽楼」をはじめ、今も営業している老舗中華料理店はホテル近隣にも複数あります。

商業目的での来日とは異なり、留学生として勉学に励むことを目的とした人が多かったため、横浜などのような中華街に発展しなかった、と言われています。現在はテイクアウトを実施している店舗も多くあります。

お気に入りの飲食店を探すのはグルメタウン神保町の楽しみ方のひとつです。今後店舗で食事を自由に楽しめるようになった時に、神保町の隠れた名店を紹介してみてはいかがでしょうか。

News一覧へ

Reservation 空室検索

ご宿泊日

/ /
大人: 小人: (小学生以上) 小人: (小学生未満)

TOP